顧客満足度とオーダー技術|デザイン性の高いものが沢山あるホームセンターに行こう
婦人

デザイン性の高いものが沢山あるホームセンターに行こう

顧客満足度とオーダー技術

テーブルと椅子

進化した発注方法

最近のオーダー家具は、顧客のイメージから、CGを作成し、事前に具体的な立体図を提示できるようになっています。オーダー家具の立体図を顧客に見てもらい、齟齬があれば、順次、設計レベルで修正を加えていくという事が可能です。サイズの変更や部品だけを追加するといった、「セミオーダー」タイプのオーダーも多くなってきました。徐々に部品を追加してゆき、最終的に完成品としてのオーダー家具を発注することも可能なのです。技術革新により、そのような環境が整ってきた訳ですから、顧客も、遠慮せずにオーダー家具のリクエストを挙げることができるのです。その上で、機能性やインテリア性の適合性を、綜合的に判断してくれる企業を探すことが大切です。

価格を抑えるための工夫

オーダー家具の発注と聞くと、どうしても高額になるというイメージが先行し勝ちですが、例えば基本のデザインをベースにサイズや仕様の細かい部分のみを発注するという手法があります。このような手法を用いれば、ゼロから設計を依頼するよりも、手間を掛かずに、遥かに安価で済ます事できます。又、大きいな家具ほど割安となるため、箪笥のような大型家具の場合、既製品よりもオーダー家具の方が安くなる場合もあります。さらに、オーダー家具を一括発注する場合も、工賃や素材との兼ね合いにより、大型家具ほど割安になりやすいため、依頼の方法を工夫すれば、思いがけない安値でオーダー家具を入手することが可能です。発注する際は、特にその寸法に注意を払う必要があります。オーダー家具は企業側とのやり取りの中で、結果的にかなり独特な寸法になる可能性があるため、収納スペースに常に注意を向ける必要があるのです。